ニキビ跡 化粧水 ビタミンC

ニキビ跡にはビタミンC誘導体配合の化粧水を使おう!

 

ただでさえニキビができると憂鬱になるのに、追い打ちをかけるように残るのがニキビ跡。

 

これこそ、ニキビ本体より厄介なヤツ!!!

 

いつ消えるかハッキリしないうえに、ニキビができるたびに残ると肌がどんどん汚くなるんですよね・・・。

 

そこで、出番となるのがビタミンC。美容においてビタミンCの効果は高く、ニキビ予防はもちろん、色素沈着やメラニンの抑制などが期待されています。シミやそばかす対策にも使用され、美肌や美白を目指すには効果的な成分となっているのが特徴。

 

でも、ビタミンCは皮膚を通しにくく、空気などに触れた場合に酸化してしまうという不安定さもあり。そのため皮膚に浸透しやすくして、活性化に導く目的として開発された成分がビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体のメリット

 

 

ビタミンC誘導体にはたくさんの嬉しい作用があります。メラニンの合成を防ぐことなどはよく聞きますね。そして角質層へのビタミンCの浸透を促進、肌内のメラニンに近づいてから酵素反応によって変化するという事が特徴。

 

コラーゲンの合成にも導いてくれるので、さまざまな化粧品に使われている成分です。ビタミンC誘導体には水溶性や脂溶性などの種類があり、水溶性の場合は即効性とお手頃価格なのもメリットのひとつ。

 

化粧水を選ぶときは“濃度”に注目!

 

ビタミンC誘導体は化粧水で多く商品化されていますが、ポイントとなるのがその濃度!

 

肌に効果的な濃度は通常3%以上が理想。エステサロンなどでは、ビタミンC誘導体の濃度が7%ほどのものを使うところもあるそうです。

 

でも、濃度が高ければ高いほど効果があるわけではなく、肌への刺激も考えて10%以下の濃度の化粧水を選ぶのがおすすめ。肌質によってはピリピリ感を感じたり赤みが出る人もいるので、お試しできるものから探すとお金も無駄にならずに済みます。