ニキビ跡 原因

タイプ別に見るニキビ跡ができる原因

 

ニキビ跡ができてしまわないようにするためには、どういう状況でニキビ跡になるのかを理解しておきましょう。

 

色素沈着のニキビ跡

 

原因

ニキビができたときに掻いてしまったり、ニキビの中の膿の部分をつぶした時の傷が残ってしまうのが、色素沈着のニキビ跡。

 

それだけでなく、できてしまったニキビがひどい炎症を起こしたときに、赤みや茶色の痕として残ることがあります。

 

ケア

ビタミンC誘導体を配合した化粧水などでケアすることによって、少しずつ肌を整えクリアに導いていくのがおすすめです。

 

デコボコのクレーターのニキビ跡

 

原因

症状がひどくなると、「クレーター」と呼ばれるデコボコが肌表面に残ることがあります。

 

重度の炎症で肌内部の真皮層まで破壊されてしまったことが原因で、ニキビが治った後その部分がくぼんでしまいます。

 

ケア

化粧品は角層までしか浸透しないため、真皮層まで傷ついた肌を回復させるのは難しい。

 

しかし、効果の高い化粧水などを使うことで、肌のキメを整え目立ちにくくしていくことがおすすめです。