水溶性ビタミンC誘導体とは

水溶性ビタミンC誘導体とは

通常でビタミンCをサプリなどで飲んだ場合は、吸収した成分が尿となって排出されるので効果が長続きしにくいですよね。でも、水溶性のビタミンC誘導体にして肌から吸収させることによって、持続性を高めています。

 

水溶性ビタミンC誘導体のメリットはいくつかあり、まずは安定性に優れているという点があります。通常のビタミンCは空気などに触れてしまうと酸化しやすい部分がありますが、水溶性の誘導体にすることで酸化を防いでいます。

 

さらに、ビタミンCの特徴でもある、水に溶けると活性しにくくなる点も改善しています。また、水溶性ビタミンC誘導体は肌の角質層に吸収され、メラニンに近い位置でビタミンCに変わるという性質があります。

 

水溶性ビタミンC誘導体は、即効性に優れている点も大きな特徴です。ビタミンCが持っている本来の有効的な部分が、短時間での吸収で発揮されやすくなっています。そして、リン酸との結合を促進することで、吸収率をアップさせているところもメリットのひとつ。

 

ローションや美容液タイプなどの化粧品が多数販売されていて、比較的料金が低価格であることもありがたいですね。

 

皮脂分泌の調整をしながら色素の沈着を防ぎますので、ニキビや肌荒れなどにも効果的とされますが、皮脂の分泌を防ぐ効果が高いので、肌が乾燥してしまうというデメリットが。肌が敏感な人や乾燥しやすいという女性は、保湿力の高い処方の化粧水を選んでくださいね。