高浸透型ビタミンC誘導体とは

高浸透型ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは、美肌づくりには欠かせない成分ですが、安定性が低く空気に触れると酸化しやすい特徴があり、水に溶かすと活性を失う性質を持っています。これらの弱点を改良されたものがビタミンC誘導体で、水溶性のものと脂溶性のもの、そして新型のビタミンC誘導体に分類されます。

 

APPS(アプレシエ)は新型の高浸透型ビタミンC誘導体で、安定性と即効性に最も優れた成分。さまざまな肌トラブルに効果が期待できる成分として注目されています。リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加して、親油性を獲得している一番新しいビタミンC誘導体です。

 

APPSには、美白効果や細胞内の活性酸素の除去、肌の真皮層にあるコラーゲンの合成を促進する作用が期待できます。また、抗シワ効果も期待できる成分ですから、化粧品や美容皮膚科で使用されています。

 

このAPPSは、水溶性と油溶性の両方の性質があり、従来のビタミンCに比べて皮膚への浸透性に優れている特徴があります。この成分は皮膚の中にある酵素によってすばやくビタミンCへ変換されますので、即効性が高い点も特徴です。